グルコサミンは関節の痛みに効果絶大|続けることに意味がある

ジョギング

関節痛への効果を高める

一緒に摂取したい成分

悩んでいる男性

関節に良い成分のグルコサミンは体内で合成される成分ですが、年齢とともにその生産量は減少してしまいます。すると関節部分の軟骨が減ってしまい、関節痛や腰痛を引き起こすことになります。グルコサミンサプリメントを摂取することによって、軟骨を生成して関節痛や腰痛を緩和することができますが、グルコサミンだけでなくコンドロイチンを含んだサプリメントを摂取するとより効果を高めることができます。グルコサミンは軟骨成分のプロテオグリカンを作ります。しかし、年齢とともにグルコサミンの生産量が減少する上に軟骨を分解する酵素は活性化してしまいます。コンドロイチンは、この軟骨を分解する酵素の活動を抑制するため軟骨が増える手助けをしてくれます。

配合量をチェック

グルコサミンとともに関節に良い成分と言われているコンドロイチンやヒアルロン酸はグルコサミンから生成される物質でもあります。そのため、グルコサミンさえあれば他成分は必要ないと思われがちですが、生成されるコンドロイチンやヒアルロン酸の量は少量です。関節痛の予防のためであれば、グルコサミンだけ飲んでいれば良いけれど、既に関節痛を抱えている人はコンドロイチンと同時に摂取した方が痛みが緩和するという研究結果が出ています。コンドロイチンも一緒に配合されているサプリメントはたくさんありますが、配合量をチェックするようにして下さい。グルコサミンの6割から7割の量のコンドロイチンを摂取すると適量とされています。